放射線治療の費用:骨盤部の放射線治療①(泌尿器科関連)

2019年6月8日

今回は骨盤部疾患(泌尿器科関連)の放射線治療における費用について記載します。

(※直腸癌・肛門癌については「腹部」の項目に記載しています)

放射線治療の費用に関する基本的な内容については、以下の記事も参考にしてください。


 

前立腺癌に対する強度変調放射線治療(IMRT)

全額負担:約120万円~150万円程度

3割負担:約35万円~45万円程度

1割負担:約12万円~15万円程度

 

前立腺癌の一般的な放射線治療(IMRTではない)

全額負担:約65万円~80万円程度

3割負担:約20万円~25万円程度

1割負担:約6万円~8万円程度

 

前立腺癌に対する密封小線源永久挿入療法

(使用する線源の本数は前立腺体積に比例し、本数が多いほど費用は高くなります)

全額負担:約80万円~110万円程度

3割負担:約25万円~35万円程度

1割負担:約8万円~11万円程度

 

膀胱癌の一般的な放射線治療

全額負担:約60万円~80万円程度

3割負担:約20万円~25万円程度

1割負担:約6万円~10万円程度

 

だいたいのイメージとしては以上となります。あくまでも目安ですので、上記の範囲から逸脱する場合もあるかと思います。

以前の項目でも書きましたが、放射線治療は複雑になるほど高額になります。

そして、最近では多くの病院で、複雑で高度な治療を行えるようになってきています。

このため、上に書いている金額には幅がありますが、どちらかというとその中でも高めになりやすいと思っておいていただければと思います。

また、上記の費用にプラスして、入院費や抗がん剤などの薬剤費などがかかってくることになります。

広告